インフルエンザに関する情報サイト

インフルエンザとは

寒くなってくるとせきやくしゃみ、発熱と言った症状を訴える人が次々と出てきます。「風邪をひいたかな・・・?」と思う人も多いでしょう。もしかすると、インフルエンザかもしれませんよ。風邪とインフルエンザは別物です。インフルエンザには定義があり、強い全身症状から始まり、主に気道を侵し、強い感染力により短期間に速やかに流行が拡大するインフルエンザウイルスによる急性の伝染性感染症とされています。



インフルエンザは39度以上の高熱が出て、のどの痛みや頭痛などに加えて関節痛や筋肉痛などの全身症状がみられます。新型インフルエンザの時に見せつけられた感染力の早さもインフルエンザだからこそだと言えるでしょう。風邪で死亡すると言ったことはあまりありませんが、インフルエンザは高齢者の場合では死亡率が高くなるため注意が必要です。


インフルエンザ予防のためのワクチンがありますが、これはその年の冬に流行すると予想されるインフルエンザの型のものなのですが、もし予想が外れたとしてもインフルエンザの重症化は防げるほどワクチンの精度は上がっています。ただ日本では定期予防接種からインフルエンザワクチンは外されています。インフルエンザはウイルスですから、毎年少しずつその型を変えていっているのだとか。ワクチンを打っていても、うがい手洗いは欠かさないほうが良さそうです。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

風邪との違い

風邪とインフルエンザは症状が似ていますが全くの別物です。風邪は初期症状が鼻やのどの症状が現れますが、インフルエンザの場合は38度から40度の高熱が出るのが特徴です。また、風邪とインフルエンザではウィルスの種類から違っています。高齢者や赤ちゃんの場合はインフルエンザだと命に関わることもあるので、その点は風邪と大きく違うでしょう。スペイン風邪や香港かぜでも分かるように、流行しやすいのがインフルエンザです。そのため、ただの風邪の場合はマスクをして外出をすることがありますが、インフルエンザと診断された場合は診断書をもらい、登校・出社は控えるように言われます。インフルエンザは発症した本人に苦痛をもたらすだけでなく、まわりにいる人にも感染しやすいやっかいなものなのです。筋肉痛や関節痛を伴うインフルエンザに対して風邪はそういった症状はあまりなく、倦怠感などもほとんどありません。インフルエンザは合併症も起こしやすく、肺炎や気管支炎、脳症や細菌性の脳炎などに注意が必要です。風邪で合併症を起こすということはまれなことです。インフルエンザにかかるほうが重症化しやすいですが、だからといって風邪だから大丈夫というわけではありません。風邪をひいたときもしっかりと栄養をとり、ゆっくりと体を休ませて体調を整えましょう。

 

風邪薬を飲むとどうなるか

薬局に行けばいろいろな風邪薬が置いてあってどれを買うか迷ってしまいます。本来ならば薬剤師に症状などを話していくつか選んでもらうことが理想ですが、もし自分で選ぶとなると迷ってしまいます。ほとんどの人が風邪の症状から選ぶでしょうね。風邪薬にはいろいろな成分が入っています。抗ヒスタミン剤はくしゃみや鼻水に効果を発揮します。解熱成分の一つにアセトアミノフェンやイブプロフェンなどがありますが、これはCMなどでもよく聞く成分ですね。他にものどの炎症を抑える塩化リゾチームやせきを抑える成分などもあります。漢方薬の風邪薬もありますが、風邪の症状や重症度、体質などでも飲む漢方薬が変わりますので、まずは薬剤師の相談したほうがよいでしょう。風邪薬を飲むとそのほとんどが胃、小腸、大腸で吸収されていきます。薬の成分は血中に入り全身に行きわたりその効果を発揮します。薬は最終的には肝臓で何の作用もない物質に変わり、水に溶けやすい化合物を作り分解されます。そして肝臓でろ過されて排泄となります。この代謝と排泄の速度が遅く、薬の成分が体内に長く留まっていると体内に薬物が蓄積されます。そのため薬の飲むたびにその作用は強くなって中毒反応を起こすこともあります。また、薬によっては目的以外の効果が現れることを副作用と呼び、体に悪い影響だという考えが一般的なようです。